店舗数が抜群に多いレイクの申し込み

レイクは店舗数が多いことでも知られています。
有人の店舗は現在一つもありませんが、無人ではあるものの自動契約機の数で言えばかなりのものです。
消費者金融時代に設置されたレイクの自動契約機が新生銀行となっても引き続き使われていますので現在は「銀行として」考えると自動契約機の数はダントツとなります。

申し込み方法はレイクには多くあります。
やはり定番は自動契約機です。
ほとんどの方がレイクの自動契約機を目にしたことがあるのではないでしょうか。
それほど一般的となっておりレイク申し込みの方法としてもよく使われています。

どの申し込みにもメリットとデメリットがあります。
そのため何を優先するのかによってどの申し込み方法を選ぶのかが違っていくでしょう。
自動契約機であればその場でカードが発行されますのですぐにでも利用することができる利便性がある反面、レイクの自動契約機に入っていく姿を誰かに見られるのではないかという心配はあるでしょう。
ネット申し込みは誰にも会うことなく契約をすることができますが、契約書とカードは自宅に郵送されることになりますので家族に知られることは困る方にとっては適切とは言えない申し込み方法となるでしょう。

時間を優先するのか、それともほかの何かを優先させるのか。
申し込みはレイクを利用するためには必ず通らなくてはならない道になりますので優先させる事項を考えて申し込みを選びましょう。
レイクは申し込み方法が豊富になりますので選べるはずです。

学資保険で医療保険はつけた方がよい?選ぶコツ

学資保険とは子供の成長に伴って、学校への入学等のタイミングで保険金を受け取る事ができ、子供の学校の費用等に充てる事が出来る保険として昔から人気を博しています。学資保険には貯蓄型と言われるものと、補償型と呼ばれる保険商品が展開されており、教育資金をメインに考えている人は貯蓄型が良く、病気やケガの補償をメインと考える人は補償型を選択すると良いでしょう。
補償型はいわゆる医療保険の様な補償を受ける事がで来ますので、子供にもしもの事があっても保険金でカバーできるかもしれません。子供の健康や、もしもの事が気になる人は是非医療保険型の学資保険を選択すると良いでしょう。
学資保険は非常に多くの商品が展開されていますので、保険商品を選択するためにもコツがいります。まずは医療保険型の保険を探す際には、どの程度の補償内容までカバーしてくれるのかを確認しておきましょう。子供はよく病気やケガをする事もありますので、医療費も非常に高額になる事も考えられます。そのため、どの様な病気やケガの際に補償してくれるのかは事前に調べておくべき項目として非常に重要といえるでしょう。
この様に子供向けの学資保険に医療保険をつけた保険商品は数多く発売されていますので、まずはいくつかの保険を比較検討し、月額の料金や補償内容によって最も適して保険を選択すると良いでしょう。子供の健康が心配であれば、もしもの場合の備えをしておくと良いでしょう。
【図解で分かる!!】おすすめ学資保険ランキング2016|学資保険まるわかり辞典はこちら

プロミスカードを申し込んだときの体験談

私は40代になるまでクレジットカードやキャッシングの即日カードローンなどは持っていなく、いつも現金払いで過ごしていました。
しかしイザと言う時に融資を受けられる環境が無いのも不安になってきたので、思い切って消費者金融でのカード作成を初めて経験したのです。
私が選んだ会社はテレビCMでも好感を持てたプロミスカードで、20時過ぎにネット申し込みしてみました。
まずはプロミスの公式サイトで個人情報と大まかな年収などを打ち込み、審査を申し込むと数分で審査に通ったと通知が来てとりあえず安心したのです。

そして次の日の朝にコールレディから電話が来て、審査に通った事ともう少し細かい年収に働いている事の確認や融資を受ける理由などを聞かれた後、会社の方に在籍確認はすると言う事を聞いたので少し不安になったのですが、あくまでも在籍確認だけでプロミスからだとか、カード契約の為などの事は一切会社には告げないと言ってくれたので安心しました。

その後保険証や源泉徴収などを持って実店舗で最終確認するとの事で、必要書類を持って実店舗へ行くと約1時間で契約完了でプロミスカードを手に入れる事が出来ました。
初めてのカード契約では審査に通る事がまず心配で、家族や会社にバレないかと言うのも心配でしたが、審査は普通に働いていればほぼ通れますし、家族はもちろんの事会社にも絶対にバレない様な配慮もしてくれたので、思ったよりも手軽で安心出来ました。
プロミスカードを作ってから数回融資を受けていますが、本当に手軽ですし計画返済ならリスクも無く役立っています。

プロミスの金利に関して

プロミスの金利は17.8%から4.5%となっており、金融業界でもトップクラスの低水準となっています。特に新規に申し込む方は、少額融資でのスタートになるため金利は最高金利が適応されるのが普通です。しかし、プロミスは他の消費者金通が最高金利18%とするところを0.2%もさげて提供しています。初回利用者に優しい消費者金融なのです。

利息は日数計算で行なわれ、金利は年率なので一日にかかる利息はそれほど高くありません。また、プロミスでは「30日間無利息サービス」を提供しているので、初回の借り入れに関して言えば利息が一切発生しません。つまり初回の利用は利息の心配をする必要がないのです。

無利息サービスを利用するにはポイントサービスに登録する必要がありますが、契約後会員ページから申し込むことができます。また、ポイントサービスのポイントは、その後も継続して無利息期間を利用するために使用することができます。30日間の無利息期間を利用するにはかなりのポイントが必要になりますが、7日間の無利息であればさほどポイントは必要でないので、返済日前返済とあわせて活用すれば非常に便利です。

短期で利用する人は30日間無利息期間サービスを利用すれば利息など全く気にしなくてすみます。長期になると利息の影響が出てきますが、会員ページにログインする(毎月初回のみ)、プロミス審査のお知らせメールをや返済日のお知らせメールをチェックすることでポイントは貯まります。頻繁にとは行きませんが、無利息期間を利用できるので便利な消費者金融です。

ネットキャッシングを利用した体験談

会社で新しいポストに就任してからというもの、何かと挨拶回りで飲み会や接待が続き、正直、自分の給与だけでは立ち行かなくなるほどの出費となってしまいました。けれど、こんなことで泣き言を言っていては何も始まりません。せめて一時的な出費と覚悟して、きちんと不足額を補っておきたいと考え、消費者金融で借り入れを行うことに決めました。

そこで目をつけたのがネットキャッシングです。昼間は勤務中ということもあって店舗に出向いたり、無人契約機で手続きを行うのも不可能です。そこで自宅に帰宅してから、スマートフォンを使ってじっくりと申請手続きを行うことにしたわけです。最初は戸惑いも感じつつも、しかしいざ申請を始めると大変わかりやすくなっており、申請フォームに氏名、年齢、職業、勤務先、希望借入額などを書き入れて、あとは身分証や収入証明書の画像データを送信するだけで全ての処理は完了。それから消費者金融側の審査がスタートして、翌朝にはそれも問題なく通過したとのことで審査完了の連絡が届きました。

希望額は15万円だったのですが、それも私の年収や信用度から鑑みても許可が下りたようで、それから数時間後には15万円が一括で銀行口座に振り込まれました。こうしてネットキャッシングが全て滞りなく手続き完了となり、私は不足していた財布の中身をこの融資金にて埋め合わせることができたわけです。ピンチを救ってもらうことができて本当にありがたく思っています。
カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングはこちら

Back to Top